成年後見制度について

成年後見という制度をご存知でしょうか。名前だけは聞いたことがあるけれど、一般市民には関係がないとお考えの方も少なくないと思いますが、これからの超高齢化社会において、他人事ではなくなる可能性があります。いざ必要になった時に困らない為にも、知識として知っておくことをお勧めします。成年後見制度とは、簡単に言えば、認知症等の理由で自己判断能力が十分ではない方を、法律に基づいて支援、援助する為の制度です

例えば、高額商品を売りつける悪質な訪問販売から、一人暮らしをしている、あるいは認知症を患う老人が被害を受けることを防ぐことが可能になります。今後、高齢化、核家族化する日本社会において、ますます利用する人が増えると予想される制度ですので、ご自身、あるいはご家族、親戚内で利用される方も出てくる可能性があります。どんな制度か、どのように利用すれば良いのかを理解しておくと良いでしょう。

成年後見制度を支える理念とは、ノーマライゼーション、自己決定の尊重、身上配慮義務となっている為、財産管理だけにとどまらず、高齢者や障害者の方であっても、今まで通りの生活を保持できるようにする、本人の自己決定権を尊重し、現有能力を活用し、本人の状況を把握した上で配慮をしなければいけないという考え方の上に成り立つ制度となります。実際にどのように活用する制度なのか、どのような場合に必要になるのか、成年後見制度について詳しく説明します。