成年後見人がいる理由

成年後見制度には、任意後見制度と、法定後見制度の二種類があります。任意後見制度とは、今は元気でも、将来的に判断能力が不十分になった場合に備える為の制度であり、法定後見制度とは、既に判断能力が不十分と判断される人に代わりに法律行為や被害にあった契約を無効にしたりする制度です。法定後見制度には、判断能力の程度で「後見」「保佐」「補助」の3つに分けられています。

成年後見制度を利用することで、様々な問題を抱える方の問題解決をすることができます。例えば、身寄りがない被相続人の遺産の行方が心配な場合、親族間に大きな紛争がある場合、本人の財産を家族や親族が勝手に使い込みをしている場合、財産の管理を信用できる人に任せたいと考える場合、知的障害や認知症を抱えた家族がいる場合等が考えられます。成年後見人になる人は、任意の契約で依頼された人か、本人の親族が後見人として選出されます。

ただし、成年後見制度は内容が複雑化することが多く、またお金に関わる事例も多い為、親族間のトラブルが予想されますので、中立的で第三者的な立場で適切なアドバイスを受ける為にも、法律のスペシャリストである弁護士に相談されることをお勧めします。