弁護士にかかる費用

成年後見制度について
引用元 {成年後見・財産管理|スター綜合法律事務所

自分の将来を考えた場合に、成年後見制度の利用を検討されているという方も多くおられることでしょう。ご自身で手続きができる程、法律に強い方でなければ、弁護士のようなスペシャリストに依頼することをお勧めします。しかしながら、弁護士に相談した際の費用について心配される方も少なくないと思います。制度は利用したいけれど、費用が高すぎては意味がありません。

実際にどれくらいの費用がかかるのかという目安については、一般的に20万程度とされていますが、弁護士を成年後見人に立てる場合は、別途報酬が発生します。弁護士への依頼においても、様々な相談方法がありますので、まずは弁護士の方に無料相談を依頼すると良いでしょう。いくつかの弁護士事務所に問い合わせるか、弁護士を紹介するサイト等を利用されることをお勧めします。

弁護士にも強い分野がありますので、成年後見制度の対応に強く、経験を積んだ弁護士に依頼することが安心して任せることができますのでお勧めです。無料相談をして、信頼できる弁護士を探して依頼されると良いでしょう。成年後見人になれる人とは、法律上誰でもなることができます。一部の人だけが利用する制度ではなく、大勢の人が利用する制度となりますので、理解を深めておくようにしましょう。

成年後見人がいる理由

成年後見制度には、任意後見制度と、法定後見制度の二種類があります。任意後見制度とは、今は元気でも、将来的に判断能力が不十分になった場合に備える為の制度であり、法定後見制度とは、既に判断能力が不十分と判断される人に代わりに法律行為や被害にあった契約を無効にしたりする制度です。法定後見制度には、判断能力の程度で「後見」「保佐」「補助」の3つに分けられています。

成年後見制度を利用することで、様々な問題を抱える方の問題解決をすることができます。例えば、身寄りがない被相続人の遺産の行方が心配な場合、親族間に大きな紛争がある場合、本人の財産を家族や親族が勝手に使い込みをしている場合、財産の管理を信用できる人に任せたいと考える場合、知的障害や認知症を抱えた家族がいる場合等が考えられます。成年後見人になる人は、任意の契約で依頼された人か、本人の親族が後見人として選出されます。

ただし、成年後見制度は内容が複雑化することが多く、またお金に関わる事例も多い為、親族間のトラブルが予想されますので、中立的で第三者的な立場で適切なアドバイスを受ける為にも、法律のスペシャリストである弁護士に相談されることをお勧めします。

成年後見制度について

成年後見という制度をご存知でしょうか。名前だけは聞いたことがあるけれど、一般市民には関係がないとお考えの方も少なくないと思いますが、これからの超高齢化社会において、他人事ではなくなる可能性があります。いざ必要になった時に困らない為にも、知識として知っておくことをお勧めします。成年後見制度とは、簡単に言えば、認知症等の理由で自己判断能力が十分ではない方を、法律に基づいて支援、援助する為の制度です

例えば、高額商品を売りつける悪質な訪問販売から、一人暮らしをしている、あるいは認知症を患う老人が被害を受けることを防ぐことが可能になります。今後、高齢化、核家族化する日本社会において、ますます利用する人が増えると予想される制度ですので、ご自身、あるいはご家族、親戚内で利用される方も出てくる可能性があります。どんな制度か、どのように利用すれば良いのかを理解しておくと良いでしょう。

成年後見制度を支える理念とは、ノーマライゼーション、自己決定の尊重、身上配慮義務となっている為、財産管理だけにとどまらず、高齢者や障害者の方であっても、今まで通りの生活を保持できるようにする、本人の自己決定権を尊重し、現有能力を活用し、本人の状況を把握した上で配慮をしなければいけないという考え方の上に成り立つ制度となります。実際にどのように活用する制度なのか、どのような場合に必要になるのか、成年後見制度について詳しく説明します。